松雲山荘 紅葉ライトアップ2021

松雲山荘とは?

柏崎の代表的な紅葉スポットである「松雲山荘」は、赤坂山公園に隣接した庭園です。
大正15(1926)年以降、柏崎市東本町の蓮池庭師二代によって造園された日本庭園です。
昭和46(1971)年、柏崎ガス会社創設者である飯塚謙三氏が所有のこの庭園を柏崎市へ委譲されました。

表情豊かな葉をもつ、もみじ、ツツジをはじめ赤松などがあり、情緒あふれる景色を鑑賞できます。
園内には木村茶道美術館もあり、季節ごとに貴重な茶器等の展示を鑑賞することができます。
展示されている茶器で気軽にお茶体験も楽しむことができます。

毎年紅葉の時期には、庭園がライトアップされ、夜ならではの幻想的な紅葉狩りを愉しむことができます。
この期間のみ、希望の方には松雲山荘ボランティアガイドが庭園内を案内してくれ、松雲山荘について詳しく知ることができます。(事前予約が必要です)

詳しくは松雲山荘ページ(柏崎市)

紅葉ダイニングのご案内

紅葉ライトアップの期間、柏崎観光協会では紅葉を楽しみながら飲食できる『赤坂山 紅葉ダイニング』をオープン致します。
柏崎の料理人が腕をふるって、テイクアウトだけでなくテントでもお召し上がりいただける料理をご用意しております。
ぜひ紅葉を見ながら、温かく美味しい料理で至福のひとときを過ごしませんか?

営業時間

2021年10月30日(土)~11月28日(日) 午前10時~午後9時
  ※紅葉ダイニングディナー(後日詳細を掲載致します)の時間のみ、貸し切りとなるため、ご予約以外の一般の方の飲食はご提供できません。

紅葉ダイニングディナー

紅葉ダイニングディナーの詳細は現在準備中です。内容と日程が決まり次第、SNS(Facebook、Instagram、Twitter )で発信並びに予約受付開始予定です。