下谷地遺跡 / しもやちいせき

下谷地(しもやち)遺跡は、今からおよそ2千年前、弥生時代中期に栄えたムラの跡です。
低湿地に囲まれていたことから、住居の周りには、排水のため溝を円形にめぐらせていました。
倉庫と考えられる建物跡や、溝で方形に区画した墓なども発見されています。

弥生土器には、貯蔵用の壷や、煮炊き用のかめ、盛付け用の鉢などがあります。
文様は、北陸地方で通有な櫛描文(くしがきもん)を主体としますが、長野県北部の土器も意外に多く出土し、盛んな交流を物語っています。
また、碧玉(へきぎょく)と呼ばれる緑色の石を使った玉作りも盛んに行われ、首飾りにする細長い円筒形の管玉(くだたま)を大量生産していました。

水田は発見されていませんが、大量の炭化米や稲の穂を摘む石包丁などが出土しており、稲作の存在を物語っています。
遺跡の現状は、そのまま埋戻し保存されています。

所在地新潟県柏崎市吉井

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ