上条城跡 / じょうじょうじょうせき

上条城は、戦国時代に政庁として標高15メートルの丘陵上に構築された館城です。
城跡の東側を流れる鵜川は、外堀の役割を果たしていました。

この地は、東に標高186メートルの高河内山があり、ここを越えると鯖石川・北条城跡・善根城跡があります。
鵜川に沿って南には標高889メートルの黒姫山、標高623メートルの鷲の巣山があり、このやまやまを越えると東頚城の松代と大島に至ります。
西には標高993メートルの霊峰米山・旗持城跡などがあり、国府のあった上越地方とは全く区切られています。

所在地新潟県柏崎市上条

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ