十王堂の木喰仏 / じゅうおうどうのもくじきぶつ

木喰五行上人は全国各地を巡り、滞在先で多くの木仏像を刻みました。越後には2度訪れています。
文化元年(1804年)に柏崎を訪れ、各地に木喰仏を残しました。
枇杷島の十王堂では閻魔大王など12体の仏像が作られました。

木喰仏の特徴はやさしく微笑んでいるものが多く、大正時代の民芸運動家・柳宗悦が「微笑仏(みしょうぶつ)」と名づけました。十王堂にある木喰仏のなかでも、「頻頭慮(びんずる)尊者坐像」は微笑仏の本領そのものといえます。
十王堂では現在8体の木喰仏を見ることができます。(残りの4体は柏崎市立博物館に展示)

所在地柏崎市関町4-34 関町会館内
アクセス柏崎駅から徒歩約15分
電話番号0257-22-3163(柏崎観光協会観光案内所)
その他※拝観を希望される方は、事前に柏崎観光協会観光案内所にご連絡をお願いします。

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ