たわら屋跡

俳聖松尾芭蕉が「奥の細道」へと旅立ったのは元禄2年(1689)3月27日。芭蕉は柏崎の天屋に泊まる予定で紹介状まで用意して来ましたが、思わぬことから米山峠を一気に歩き通して鉢崎まで来てしまいました。
同行した弟子の「曾良日記」には「申の下剋、至鉢崎、宿たわらや六良兵衛」とのみ記しています。
鉢崎での宿・たわら屋は、代々庄屋で、三百年以上も古くからこの集落に栄えた旧家で、宿屋を業としていました。
大正のころまで、刈羽郡高浜町の椎谷(現柏崎市)に5月1日(旧暦)に馬市があって、その前夜はこの町も馬の往来が激しく、たわら屋は馬宿でもありました。

所在地新潟県柏崎市米山町

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ