大泉寺観音堂 / だいせんじかんのんどう

朱鳥元年(686)、泰澄禅師によって創建され、幾度か落雷により焼失し、現在のお堂は永禄2年(1559年)、上杉家によって再建されました。
明治39年に特別保護建造物の指定を受け、後に国宝、現在は国指定の重要文化財になっています。
お堂内部の右奥には、太さ日本一の「萩の柱」があります。

所在地新潟県柏崎市大清水1502

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ