貞心尼剃髪の地・閻王寺跡

貞心尼は、柏崎在の下宿(現在の番神)の閻王寺で剃髪し、眠竜、心竜という姉妹の尼僧の弟子となりました。
姉の眠竜は一度縁付いた人で穏やかな尼さんでしたが、妹の心竜は縁付いたことがなく、随分やかましい人だったと言われています。
貞心尼は、この心竜のもとで厳しく仕込まれました。

文政9年(1826年。良寛70歳)3月、長岡市福島の閻魔堂へ移り、その秋初めて島崎に良寛を訪ね、弟子となりました。このとき貞心尼は30歳でした。

貞心尼が長岡の閻魔堂に移った後も、眠竜、心竜は閻王寺(えんのうじ)で尼僧生活を送っていました。
天保9年(1838年、貞心尼41歳)4月15日、眠竜が亡くなり、天保11年(1840年、貞心尼43歳)6月29日、心竜も死没しました。

その後の閻王寺がどうなったかは明らかではありませんが、明治維新後、まだ下宿が独立した村であったころ、一時役場が置かれ、寺は丘の上に移り、ついに人が住まなくなったため、仏様は西光寺(さいこうじ:柏崎市大久保1-8-23)で引き取ったと言われています。
閻王寺と言われるように、閻魔大王の像もありましたが、本尊は阿弥陀如来だったそうです。

所在地柏崎市番神1-1-19

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ