お弁が松

浪曲「佐渡情話」で有名な「お光(みつ)・吾作」は、「小木の娘お弁・番神の漁師藤吉」という実在のモデルがいたと伝えられています。

深い恋仲となった2人の逢引きの場所が、この松の下と云われています。

しかし、熱烈な思慕の情も悲恋に終わり、後世にお弁を哀れんだ村人たちが、この松を「おべんが松」と呼ぶようになりました。

世も移り変わり、今では縁結びの松として知られています。この由緒ある松も、永年の風雪で枯れ倒れてしまいましたが、その根元から新たに伸びた松があり、現在も悲恋物語の象徴として偲ばれています。

所在地新潟県柏崎市番神

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ