陣屋跡及び柏崎県庁跡

享保元年(1741年)、白河へ領地を移された松平定賢は、これまでの扇町陣屋(現在の西本町一丁目の喬柏園付近)を廃止し、翌年、領内221箇村の総支配所として、東西100間、南北50間、総坪数5千坪の柏崎陣屋を大久保の高台に移しました。

陣屋内には、越後領を支配する御役所、天領を預かる預役所、各郡代官の詰める刈羽会所などの諸役所、郡代を筆頭にした役人とその家族の住む長屋などがありました。
明治に入ると、柏崎県庁がここに置かれましたが、柏崎県は明治6年6月、新潟県に統合されました。

所在地新潟県柏崎市大久保2-1-37

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ