浜千鳥の碑 / はまちどりのひ

青い月夜の浜辺には…で始まる童謡「浜千鳥」の歌は、大正八年鹿島鳴秋によって作られ、今も日本の抒情歌の名曲として歌い継がれています。
この詞は、鳴秋が柏崎に住む旧友を訪ねた折、裏浜から番神の海岸を散歩しながら、初夏の海の印象を歌にしたものと云われています。
大正九年、弘田竜太郎によって作曲され、全国的に愛唱されるようになりました。

浜千鳥の碑は、最初は昭和36年に海岸公園(現在アクアパーク駐車場)に建碑されましたが、現在は「みなとまち海浜公園」内に移設されています。

所在地新潟県柏崎市西港町

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ