柏崎勝長邸跡

謡曲「柏崎」にある柏崎勝長の館跡です。伝説によると、柏崎勝長公の家は鵜川の柏の大樹の東北にあったと言われています。
勝長は、柏崎の最初の長と伝えられ、室町時代に成立した謡曲「柏崎」(榎並左衛門五郎作のちに世阿弥が改作して完成した狂女物の謡曲)に登場する「柏崎殿」であると云われていますが、その詳細は不明です。
勝長邸は、彼が没後その遺言により、菩提寺である香積寺に寄進され、剣野村から移転したと伝えられています。

勝長公の碑は江戸時代の建立であり、内室の位牌は香積寺にあります。
享保3年(1718)5月22日付、善光寺庚申堂別当堂照坊より、柏崎勝長公と善光寺にまつわる由緒書を受け、寛保3年(1743)には五百回忌が営まれるなど、柏崎文化発祥の源として古くから郷愁の的となっています。

所在地柏崎市西本町3丁目4-3

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ