ねまり地蔵

ねまり地蔵とは、延命地蔵菩薩のことで、古くは北国街道の道の真ん中に立ち、人々の信仰を集めてきました。
また、火除け地蔵との別名もあります。石質は、立地蔵と同じ安山岩質角礫岩(かくれきがん)で、市内東の輪海岸の岩礁に見られるものです。
この巨岩に、肉厚84センチメートル、像高184センチメートルの豪快な半跏倚像(はんかいぞう)が彫り出されています。

長さ210センチメートルの太い錫杖(しゃくじょう)を斜めに肩にし、宝珠をのせた大きな手を左膝に、左足は趺座を組んだ右足の上から前に垂下しています。
太い足指もくっきりと彫り出され、自然石を生かしており、舟型光背の曲線も古様で、江戸期以前のものと考えられています。

光背正面に「■光寺」という刻名が読み取れますが、寺号であると考えられています。
明治11年(1878年)9月、明治天皇の北陸御巡幸の際に近くの桜屋(元柏崎週報社)の庭に移され、明治33年(1900年)現在地に遷座されました。

所在地新潟県柏崎市西本町3丁目2-8

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ