不求庵跡 / ふぐあんあと

貞心尼が22年間を過ごした庵の跡

嘉永4年(1851年。貞心尼が54歳のとき)4月、10年間住んだ釈迦堂が類焼したので、外護者の山田静里らが中心となって、広小路真光寺の側に八畳・四畳・三畳の庵室を建ててくれました。
「不求庵」と名付けられたこの庵に貞心尼は、弟子の孝順尼(19歳)とともに、9月中旬頃に移り住みました。
貞心尼の不求庵の生活は、時々、山田静里らの風流人が集まって歌会を催していたので、平和な日々を送ることができました。

安政6年(1859年。貞心尼が62歳のとき)5月14日、長岡市荒屋敷町の高野治郎兵衛の娘で、常福寺広寛禅師の実家の生まれの智譲尼が8歳で弟子となりました。
同年12月8日、剃度師であった泰禅和尚が示寂されました。
貞心尼はここで没すまで22年間住み、明治5年2月11日の午前2時過ぎ、静かにこの世を去られ、75歳の生涯に幕を降ろしました。
病の床につかれてから、死期の近づいたのを知ったのか、「玉きはる 今はとなれば みだ仏といふより 外に言の葉もなし」「あとは人 先は仏に任せおく おのが心の うちは極楽」などと詠んでいます。

所在地新潟県柏崎市西本町

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ