椎谷陣屋跡 / しいやじんやあと

椎谷藩一万石をまとめた場所

椎谷藩初代の堀直之は、元和2年(1616年)に妙法寺村超願寺(西山)に仮陣屋を設けました。
この陣屋は、元和5年(1619年)に椎谷に移り、四代直宥(なおさだ)の元禄年間には、同じ椎谷の唐箕(とうみ)前に移されました。
この間に、上総国4000石、甲斐国など2000石を合わせ、11500石を領有しましたが、その内1500石を弟に分治し、椎谷藩1万石が成立しました。

椎谷陣屋が現在地に移ったのは、正徳5年(1715年)の五代直央(なおなか)の時であり、以後幕末まで領内を統治しましたが、慶応4年(1868年)5月、戊辰戦争による兵火で全焼しました。
陣屋は、標高20メートル程の台地上に設置され、約3000坪の広さを有していました。

今日、陣屋跡一帯は、「お屋敷」と呼ばれ建物などはありませんが、藩主邸・勤番所・馬場・砲術稽古場・井戸・土塁・門などの遺構が残っており、江戸時代の陣屋の姿をしのぶことができます。

所在地新潟県柏崎市椎谷

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ