佐橋荘南条館跡

鎌倉初期、鎌倉幕府の重鎮大江広元の四男経光は毛利氏を名乗り、南条に居館を構え定住しました。
以来330年、北条毛利氏は有力武門として越後上杉氏に属し、北条・長鳥・鯖石全域に広く勢威を張りました。
その支系は、西国安芸国(広島県)にも及び、戦国の雄毛利元就を生んでいます。

現在は、上南条集落の鎮守、佐橋神社の境内を含む小丘が越後毛利一族の拠点、南城館跡となっています。

所在地新潟県柏崎市南条