三島神社 / みしまじんじゃ

社伝によれば、三島神社は、伊予国越智郡一宮の三島大明神の分霊を祀った社であり、天平13年(741)の創建と伝えられています。祭神は大山津見命(おおやまつみのみこと)です。
「延喜式神名帳」(927)には、三島郡六座の一つとして登載されており、式内社(「延喜式神名帳」に記載のある神社)であるとする説が有力となっています。

室町時代には宇佐美氏、その後、長尾為景、上杉景勝、堀秀治、高田藩歴代藩主の崇敬保護を受けたとされ、このことは同社にある堀直政の田地寄進状(1658)などの古文書からもうかがい知ることができます。
明治6年(1873)に県社となりますが、その後の火災や台風によって、現在はそのころの面影はありません。
現在の社殿は、昭和6年(1931)に再建されたものです。

所在地新潟県柏崎市剣野町2-18

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ