椎谷観音堂 / しいやかんのんどう

「しいやの観音さん」として広く親しまれ、尊崇されている観音堂です。
縁起によれば弘仁年間(810〜823)の草創と伝えられていますが、寛永元年(1624)に焼失しています。現在の観音堂は、明和7年(1770)9月に再建されたものです。

観音堂は小高い山の上にあり、三百段の石段は頓入沙弥が18年間独力で築いたものです。
また、多くの馬や船の絵馬があり(宝物殿)、これらは椎谷の馬市や海上安全の信仰を物語っています。

頓入沙弥(とんにゅうしゃみ)が築いた三百段の石段一段目から椎谷観音堂までの間には、多くの文化財が点在しています。
途中、椎谷の町並みや日本海を一望できる絶好の展望箇所もあります。
また、観音堂脇からは天拝山山頂への山歩きコースが整備されており、健脚の方は天拝山頂上まで足を伸ばされることをお勧めします。観音堂から天拝山山頂までは約10分です。

所在地新潟県柏崎市大字椎谷772

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ