妙行寺 / みょうぎょうじ

文永11年(1374)の創立で、慶長2年(1597)地震のため翌年「法修山妙行寺」と「海岸山大乗寺」を合併して「海岸山妙行寺」となり番神から現在の西本町へ移転しました。

創立となった文永11年、佐渡への流罪を許された日蓮上人は寺泊へ向かう途中、暴風にあい番神の地へ着岸しました。
ここで一夜を過ごした日蓮上人の教えにより、真言宗大乗寺の住職慈福法師は、日蓮宗に改宗し、日心の法号を与えられました。

慶応4年(1868)の戊辰戦争では、本堂が官軍の本陣となり、本堂内には現在でも官軍兵士の「らく書き」が残っています。

所在地新潟県柏崎市西本町1-13-1

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ