金倉山

金倉山の標高は356.4メートル。
八石山系に属し、柏崎の北東、長岡市(旧越路町)との境にあります。
山頂からの眺めは素晴らしく、東方は魚沼連峰、長岡市街地、弥彦山、越路町や小国町(現長岡市)が、西方は米山連峰、妙高山、柏崎市街地、日本海や佐渡などが一望できます。
眼下には、国道291号線や広田鉱泉があり、老若男女の気軽なハイキングコースとしても人気が高く、大勢の人が訪れます。

山頂には二つの金倉神社があります。
建立は文久年間といわれ、通称「上の金倉さん(祭神・威神明王)」、「下の金倉さん(祭神・猿田彦命)」と呼ばれ、ともに山の神信仰を示すように、拝殿には天狗の面や下駄が奉納されています。
戦時中は、出征兵士の戦勝と無事帰還を願い、寒中でも祈願者の足跡が絶えなかったといわれています。
5月8日の金倉山の祭礼は有名で、近郊近在から大勢の信者が参詣にみえていましたが、近年は諸事情により5月5日の子どもの日に変更されました。

お車で金倉山に行く場合は、八石山線林道(入口:県道柏崎小国線の塚山峠)をご利用ください。

所在地新潟県柏崎市旧広田

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ