鯨波鬼穴

昔、この穴に赤鬼が住んでいて、村の娘たちをとらえては食べ、村人を苦しめていました。
村人は神様に鬼を追い払ってもらおうと、番神さんにお願いをしたところ、29の仏様を従え、うちわ太鼓を打ち鳴らし、大声を張り上げ、お題目を唱えながら穴に近づきました。
すると、赤鬼が穴から這い出し、逃げて行ったと云われています。それ以来、この穴を鬼穴と呼ぶようになりました。

所在地新潟県柏崎市鯨波