静雅園 / せいがえん

鵜川の旧家にして医師であった布施家七代良斉が、江戸末期から明治初年にかけて、京都の庭師を招いて築造し、九代禎二に至って完成した庭園です。

昭和3年、鵜川小学校(現在廃校)が同地に移転した際、十代貞夫より村に寄附されたものです。

庭園全体の構造は、三山を大きく築き、大小2つの池が石橋に接して「心」字をかたどり、三山の裾をめぐり、そのまわりを当地産出の大石約200個をもって囲んでいます。

築山の全面は苔で覆われ、五葉松の巨木を中心に、いちょう、もみじなどの樹木が植えられ、池の手前には飛石を配し、平地にツツジやカエデなどの植込みがあり、幽寂な趣に富んでいます。

面積は約990平方メートル、座観式庭園で、近江八景を模した江戸時代末期の名園で、優れた景観がよく保存されています。

所在地新潟県柏崎市女谷

※当サイトに掲載している情報の一部は旅ナビ柏崎より引用しています。
※掲載情報の修正につきましては(一社)柏崎観光協会へご連絡ください。

  • 浪花屋 夕凪亭
  • メトロポリタン松島
  • 原酒造
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
  • 西山ゆうぎ